February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

切迫妊婦誕生、兼業主夫誕生

まずは、ブログタイトルにもある、なんかヤバそうな「切迫妊婦」について説明します。

この「切迫妊婦」という言葉、普通に解釈すると、妊婦が迫っている…妊婦直前?
なんじゃそりゃ???ってかんじ。

ただこの言葉自体は正式なものではなく、
「切迫流産」「切迫早産」と診断された妊婦を短縮して表記しただけなんです。
そしてこの​「切迫流産」「切迫早産」、これはこれでヤバそうな単語で、
経験のない人は「流産」「早産」とイコールだと思ってしまって、聞いた瞬間リアクションに困るようです。
実際私の周りもそうで、長男の通う保育園の先生も、”聞いちゃいけないこと聞いちゃった感”が満載でした。

しかし実際には、「流産になる危険性がある」「早産になる危険性がある」と解釈すべきもので、
要は、「そうならないようにするためにこれからが大事だよ」という診断なわけです。
 
そんな我が家の切迫妊婦は、妊娠16週目で誕生。(早!)
務めていた会社もお休みして、自宅での安静生活に突入。
 
ここから旦那(私)も生活スタイルをギアチェンジし、兼業主夫生活へと突入するのです。

スポンサーサイト

comments

   
pagetop